秩序・美・調和に向かう2人のブログ
プロフィール
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
カテゴリー
過去の記事
モバイル
qrcode

<< 節分の今日 奇跡的なお話 | 新着記事 |
第36回 国際和合医療セミナー in青森 を終えて

こんばんは。

こちらのブログに記事を投稿するのは、なんと2月以来の10か月ぶりとなってしまいました。

 

一年に一度の和合セミナーに向けて、毎年3月から会議が始まるのですが、今年は準備段階の役回りが多くなっていたのと、

その間に今年は実に多くの体験をし、その件は後程書かせていただきますが、よりいっそう時間があっというまで早く感じました。

 

11月24日 国際和合医療セミナー

ご来場くださった皆様、誠にありがとうございました。

和合セミナー実行委員・ブース出展を無事に終えることが出来、また素晴らしい講演も聞くことが出来、ここでイベントに関しては完全燃焼し、一皮むけた気分でございます。

 

また専属カメラマンさんに写真を撮っていただけたので、年明けには和合ブログにて全ブースの様子のレポートを書けるかと思います。

 

写真は私たちのレイキとボディートークのブースです。

 

 

ブースには、ボディトークを受けに、初めてのお客様がたくさんいらっしゃいました。

多くの方に、どのようなものなのかを知っていただけて嬉しいです。


まさか、その観点が出てくるとは!と皆様驚きでしたが、本当にお身体の症状というのは、表面の結果であり、深いところに原因が隠れていて、それに気づけるかどうか、受け入れれるかどうかが鍵なのです。

 

数名、勝手に出てくる涙にも不思議にしておられましたが、魂レベルに触れた時というのは勝手に何かがおこりますので、それも、「そうそうそう。」と言っていると捉えてよいですよ。

 

魂・精神・肉体のバランスがとれてこそ、真の健康です。

 

ちょうど24日サロンに、ある病で苦しくて助けてほしいと県外よりいらしたかったお客様がおり、ちょうどプロフェッショナルな専門家が集う日なので、と、和合セミナーをご紹介したところ、治療ブースにはるばる、車を走らせて来てくださいました。

 

プレゼンテーション前に、千葉先生に治療していただき、その後、当サロンのブースでボディートークを受けられました。

すると、セミナー後、サロンでフードブースで使用した器具の洗い物をしていると、なんと、ご自宅に戻られたそのお客様より、お電話をいただきまして

「いつも苦しくて規定以上の薬に頼る時間なのに、苦しくないんです。とっても気持ちもよい状態です。」
と、ご報告をいただけました!!涙

 

ご来場されたお客様が、来てよかったと感じていただける会であれば、大成功だとの思いで、一年かけて頑張って進めてきましたので、本当に涙が出るほどうれしかったです。

そしてその後も2回、そのお客様がボディートークをサロンに受けにおいでくださっておりますが、どんどん調子がよくなってきておりますよ。娘さんがサロンを見つけてくださって今に至ったとのことで、本当に良い出会いでした。

 

 

そして長岡先生の講演を後程ききましたら

これまで、きっとこうだ、と感じて選択してきた道、
私が子供のころから家族でしてきたこと、
全てが、ゆるぎないものだったと確信し、涙が溢れました。 

無から有がうまれる始まり 人類 医学の過程などの引いた目線  
ドンドン最新のものが良いとされる現代医学と4000年変わらないチベット医学の比較 薬草について 家族の役割と思いが混ざって最後に特効薬となる話
意識 物理
細かいミクロのものごとを拡大した目線 
からの理論  
かかる病気と性格

チベットの医療と私がロミロミを学ぶためにハワイで見てきた療法と共通しておりました。

真言 チャント 家族の愛 
ボディートーク・レイキの世界観と同じ内容のお話もされておりました。

 

みえない世界も医療に入れていく必要があるところに来ている。

 

これからは五感・もともと備わっている第六感をももっと使っていく必要がある。

 

健康体になるためには、意識・心を無視してはいけない。

 

深く感じてたけど、日本では表現がなかなか難しいと思っていたことを、大変わかりやすく言葉にして、まとめて、証明してくださったかのような全てに納得な講演でした。

 

あとは、私たちは存在すらもなかったという新しい概念認識を腑に落とす段階です。 

 

今の段階では、こういうことかな?やっぱりこうかな?と思いますが、きっとまた体験、体感することが起きてくるでしょう。

 

講演を聞き終わって、すぐ父に確認したくなった事を聞きました。 

 

父は2015年からの自分の畑を持ってから、前の持ち主時代からあった果実の木やすぐに食べれる野菜を育てましたが、薬草も植えています。今後はたくさん薬草を育てたいとずっと昔から言っています。 

 

それは、父の、考えだとばかりおもっていましたが、実は
膠原病 全身性エリテマトーデスで
亡くなった母が東洋医学に興味を持って薬草を調べていたからだと 
そして昔母の難病のために薬草を山に採りに行った話を聞いてましたが、どこからなんの薬草をとりその後どうなったのかを、
やっとその日、聞きました。

 

明らかになって長岡先生の話とさらにマッチして すぐ父にも お話の内容を伝えました。 
頷いていました。

 

母の症状から疑われることを調べて病院で腎臓の細胞を切り取って調べても異常が無いのに  
明らかに症状があるので他の方法はないかと、調べて、薬草で治癒したいと母がいうことで、
父が苦労して探して探して採ってきた薬草を母は飲んでいたのでした。 

いつもいつも、具合が悪いながらも母が言うことは 
「明日になったらママは死んでるかもしれないから、ちゃんとやることやりなさい」 
「もっと頭の電波を張り巡らせなさい」  
「ママは宇宙人だから後ろ見てても何してるかわかるし離れててもわかるよ」 

いつも母は、直感や感覚をしっかり使いなさいと教えてくれました。 

そう言われながらも何年も生きるから、死んでしまうなんて、きっと脅しだと思っていた子供時代を過ごしました。
他の臓器の合併症もあり 
病院の薬を変えた途端に病状は急変し
残念ながら私が16の時母は遂に亡くなり地球で借りてた身体から魂は抜けて行きました。 

これからの未来に父の薬草の思いは生き続けているから 
母は生きたまま死んだと思いました。 

母の病気があったから今の私や家族の思い、今があるとはずっと常日頃感じています。 
母の病、今おじ達がかかってる病、これにも本人や祖先から来る意識が関わっていることも見えてきました。

これまでの体験がクリアになった日でした。 

ここにたどり着くまでに、出会った先生方とのご縁に心から、心から感謝申し上げます。

このご縁を大切にし、新しい時代 真の健康を伝えていくセラピストとして、変わらぬものと進化するものを大事に、これからもますます精進していきます。 

そして家族で混ぜ合わせる最後のエッセンスと場を今世で完成させることは前世でなし得なかったことだと知っているから 今度こそ。 

ご来場くださったみなさま、準備を一緒にしてくださった皆様、素晴らしい機会・体験をさせてくださった先生方、本当にありがとうございました。

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・
自然と共に心と体の健康のお手伝いを目指す
●ハワイアンロミロミ・ヒーリングサロン・ルル
不定休・PM10:00-PM10:00
【PC】http://lulu-space.com
【ご予約状況・美紀】http://lulu-space.com/free/cardreading
【ご予約状況・佑美】http://lulu-space.com/free/calendar
゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・
| 2019.12.20 Friday | 20:32 | Event | comments(0) | trackbacks(0) | 葛西 佑美
コメント
コメントする